モチベーションアップのヒント

突然ですが、皆さんは「仕事」に対してどのような姿勢でいらっしゃいますか?
「任しとき!何でもやってやるぞ!」
「生活の為には働くしかないよね。」
「働くのが当たり前でしょ」
如何でしょうか?どんな言葉が浮かびますか?

 

ゴールデンウィークもあと1日になりましたね。
私は、前半に親戚が来ていたおかげで、今まで行ったことがない沖縄そば屋さんや斎場御嶽などへ行くことが出来ました。
5月は、3月決算の法人では2か月目突入の月であると同時に、新社会人や若年層の皆様には5月病のシーズンでもありますね。
まずは、残り1日を素敵な時間をお過ごしください。
お仕事の皆さんに於かれましては、振り替え休日などで気分転換を図ってくださいね。

 

さて、今回は自分自身の解釈と気持ちの視点からモチベーションを考えてみたいと思います。

 

明日の休日の翌日は出勤日とします。
明日の夜に翌日の出勤が頭をよぎった時に、どんな思考が出そうですか?
そして、その思考の結果、どんな気持ちが生まれますか?

「あぁ、休みも終わったなぁ。明日出勤かぁ。」→気持ち→「また仕事が始まるのか/憂鬱だなぁ」
「お陰様で楽しんだ」→気持ち→「「明日からまた頑張ろう」

気持ちから入る方もいらっしゃいますね。
「嫌だなぁ」→思考→「・・・」
「憂鬱だなぁ」→思考→「取り敢えず明日をやり過ごそう」

 

さぁ、ここから本題です。
そもそも、自分自身を振り返って、「ワクワクする」「なんか燃える」(それがあると)「(褒められると)嬉しい」など、自分自身が活き活きするシチュエーションを把握されていますか?
多くの皆様に当てはまるのが、次の3つではないかと思います。
自分が大好き「自己好感」
自分は有能なんだと思いたい「自己有能感」
自分自身がとても重要だとする「自己重要感」

 

モチベーションアップの結論は、仕事でも私生活でも、「自分自身が好ましいと思える状態を整える」ことです。

 

他人に対して「自分に合わせてください」はお門違いです。
例えば、「自分は褒められて伸びるタイプなんですよね。」と、褒めることを要求する。なんと我儘なことだと思いませんか?
褒められるような結果を残せばいいだけです。

 

根本的に論理的に思考を整理してみることをお勧めいたします。
それは、「仕事中の経験が、自分自身の中にどんなものを蓄積してくれるのか」ということです。

そこでもう一つ課題となるのが「私たちは蓄積した知識・能力・経験の範囲の中で判断し、その範囲の中の対応力しか発揮できない」ということです。
成長は、今できないことが出来るようになることです。

思考や感情が私たちの身体を動かします。
自分自身のモチベーションを上げるために、論理的に整理してみてはいかがでしょうか?

そして、自分自身が成長する為に必要なことは、出来るようになる為のチャレンジです。
新しい思考や捉え方を得るために必要なことは、様々な年代や立場の人の話を聴くことです。

 

小職が全国で活躍する経営コンサルを、沖縄に招いてセミナーを主催しています。
2014年に開催のセミナーの一部を動画で公開していますので、是非ご覧ください。
当たり前ですが、無料です。ブルーの文字をクリックすると動画サイトが開きます。
2014年6月2日に開催の横山信弘氏による「絶対達成セミナー『空気と人』」の動画を公開しています。ご参考になりましたら幸いです。

また、今年も5月15日に横山信弘氏によるセミナーを開催致します。
横山信弘氏による「絶対達成セミナー『脳を鍛えて逆算思考を手に入れる』」セミナー情報サイト

 

 

明日も素敵な一日を!

 

「人の持つポテンシャルにスポットを当て、ひとりひとりの成長によって業績向上をサポートする人財会社」
Powerful Management 代表 廣瀬孝一

△トップへ戻る