先日行った琉球大学での講義の感想文が届きました

ハイサイプロジェクトという沖縄県の事業で「起業・独立を考える」講義を琉球大学で勤めました。

読みながら、本当に嬉しく思いました。

自分自身の未来を真剣に考えていただくきっかけになったと感じたからです。

以下、感想文をご紹介したいと思います。

私がどんなメッセージを発信し、参加の学生の皆様がどのように感じたのかをお察し

頂きましたら幸いに存じます。

 

●廣瀬さんの講義はとてもパワフルで元気ややる気をもらうことができました。

講義の中で廣瀬さんの人が持っていて使えるものは知識、経験、能力の三つだけだから

失敗するのは当たり前のこと。成長するためには失敗は不可欠なもので、失敗したから

といってそこでやめたらそれまでのもので成長もしない。

だから成長するには最後までやるべきだという考えにはっとさせられました。

いままで似たような話はたくさん聞いてきましたが、それらを僕は若いうちはとにかく

 経験を積んでいたほうがいいから成功しなくても失敗してもいいからできるできないで

はなくてとにかく一回はいろんなことを経験すべきだとしてとらえていたため、うまく

いかなくても経験だからとにかくやればいい、合わなかったら途中でやめればいいだろ

うと中途半端な気持ちで物事に取り掛かっていたことが多々ありました。

しかし、これでは中途半端な経験だけたまって、能力や知識はたまらず成長できないと

いうことに気付けたので、これからはきちんと最後までやりきらないといけないと思い

ました。

 

●大きな声、笑顔に元気をもらいました。

「まずはやってみる。」「それだけの話。」この口癖もとても気に入りました。

“シンプルに生きる”ということを最近意識している私にとって、その言葉は共感し易く

この言葉は強く印象に残りました。

小さなことにくよくよ悩んでいないで、まずはやってみるということは確かに大切なこ

 とです。そのことを大学に入り日々、実感しています。

いざやると夢中になり、悩んでいたことは何だったんだろうと思うこともしばしばです。

そして次から次へとやらなければいけないことが見えてきます。

不安も大きく、後から振り返ると手際の悪さに愕然としてしまうことがあります。

また、疲れもでてきます。

しかし、これも成長だと思って頑張っています。

今、私が様々なことに怖いもの知らずで挑戦していけるのは大学生だからだと思います。

自分が今、いかに恵まれているかを実感し、今日は気持ちを新たにすることができました。

●今回の講演の中で、一番心に来たのが「知識、能力、経験の3つでしか勝負することが

できない。足りないなら、その分努力しろ」でした。

自分は目標を決めても、これは自分には出来ないかもしれないと諦めてしまうことが結構

あります。

例えば、もっと色々なタイプの人々と話したく、海外留学に行きたいなと思っても英語が

全然できないしなと尻込みしてしまいます。

でも、この講演でそれは言い訳に過ぎないと反省しました。

英語力がないなら、それを努 力すればいいのに、いつも避けていただけで何もしていなか

ったのです。

もしくは、頭でわかっているけど気持ちがなく、体が動かなかったのです。

それが分かってから、変わろうと英語学習に今すごい力を入れています。

目標はカナダに留学することです。

自分の出来ることをたくさん身に付け、やりたいことを更に見つけていき、そして自分の

 将来をより見渡していきたいです。

自分が何者であるか、自分が持ってる価値観をより確かなものにするために何度失敗して

も諦めません。

●今回の講義で廣瀬さんから多くのことを学び、そして多くのことを考えさせられました。

 廣瀬さんの講義の中で特に印象に残ったのは「答えを見つけるな、聞くな、まずは体験し

 ろ。」という言葉です。

廣瀬さんのこの言葉は、答えを聞けば誰だってできる。

答えを求め考えることで人は成長することができる。

廣瀬さんは人材育成の観点から答えを与えることはその人の成長をとめてしまうと考えて

おり、私はその考えに対してとても共感しました。

私は人に何か仕事を与えられたとき、考えもせずにすぐ答えを求めようとします。

今後は廣瀬さんの言葉をしっかりと肝に銘じていきたいと思いました。

その他にも廣瀬さんは自身の人生論についても話してくれました。

廣瀬さんがとても大切にしている考え方は諦めない精神だと言っていました。

どんなことでもできもしないうちから諦めるから中途半端で終わってしまう。

最後まで諦めないことが大切である。という廣瀬さんの言葉にはとても説得力が

あり、そ のことの重要性が講義中、言わずともひしひしと伝わってきました。

今回の講義では自分の精神の甘えを見直すとてもいい機会になりました。

●とっても迫力のある講師様のお話しぶりに驚いたと共に、何か熱いものを感じ

ました。

私は声が小さいとバイト先でよく注意されるので、講師の方が実践されていたよ

うな、腹 から出ている大きな力強い声をまねできるよう、些細なことですが、

意識しようと思いま した。

コミュニケーションの話でもおっしゃっていましたが、今の若い人が難しいと思

い込んで しまっていることはたくさんあると思います。

上に書いた自分の声だしもそうですし、「すみません」を多用するのではなく、

感謝の言 葉を自然に伝えることなど、ちょっとの積み重ねで、それをクセに変え

ることができたら、 どんなに豊かな心になれるのだろうか、周りからの評価がど

う変わるのかと、考えさせら れました。

なりたい自分像も、私はぱっと思いつきませんでした。

ですが、これをきっかけに、将来働くということの目的も含めて、辞表を書けと

言われな いような、具体的なビジョンを描いていきたいと思います。

貴重なお時間をありがとうございました。

●廣瀬さんはとても声が大きく元気な人だなという印象でした。

今回の講義は私にとっては根本的に大事なことを思い出させてくれました。

どうしたいか、どんな人物になりたいのかということの大事さを確認することが

できました。

どんな仕事が自分に向いているのかわからないのは当たり前でやってみないと分

からないと いう言葉は前向きに捉えることができました。

今までの経験から事前に調べたり話を聞けば少しは理解できるかもしれないが、

やはり何事 もやってみないと分からないことは多いなと感じました。

他にも、廣瀬さんの人物像のお話はとても印象的でした。

単純な考え方だけど論理的な考えだなと思いました。

私は廣瀬さんの単純で論理的な考え方がとても気に入りました。

インターネットを通して会話をしている現在、コミュニケーション能力が低く、

人見知りの 人も増えていると感じます。

人との広いつながりを持つためにもコミュニケーション能力を伸ばすために積

極的に面と向 かって人と話すようにしていきたいと思います。

元気のあふれる講義ありがとうございました。

●今回の講義は出だしからとてもパワフルで、とても印象に残りました。

また、自分の人生の目標・シナリオをたて、仕事を自分の望む人生のためにやる

という言葉 にとても納得させられました。

また、仕事でもなんでもすべてはコミュニケーションだということも学ぶことが

できました。

何事も相手は人なので、コミュニケーションがとても大切ですし、相手に良い印

象を与えられるかどうかで自分の人生も変わってくるのかなと感じました。

なので、普段からコミュニケーションをたくさんとりたいと思いますし、自分の

バイト先で もしっかりと相手にいい印象を持ってもらえるように努力したいなと

思いました。

失敗して怒られたとしても、その次怒られなければいいし、それを経験にして積

み重ねてい くことで余裕が生まれるので、自分の失敗を落ち込むだけでなく、次

に活かせる人になりた いと思いました。

 

●今日の講演会は、自分の中で学べることが本当に沢山あり、とてもためになりま

した。 ありがとうございました。

今回の講義では、余裕がなくなるとつい忘れがちだけど、社会で活躍していく上で

とても基 本的なことを聞くことができたように思います。

特に目標についての考え方は参考になりました。

目標がなければプロセスがわからないし、プロセスが分からないまま取り組んでも

時間を無 駄にしてしまうので、何においても目標を設定することでより効率よく理

想像へと近づいて いけるという考えです。

これまでは目標を一つ設定してそれを確実に達成するまでそのことに集中するべき

だと思っ ていました。

しかしあらゆる事柄に目標を設定すれば段々と自分の理想像もはっきりとしてくる

と思うし、 日常生活のなかでも気を引き締めて日々を過ごすことができ、充実感が

溢れるようになると 思いました。

また、普段から様々なことに取り組み、経験したことの量を増やすことでストレス

への耐性をつけることができ、そうすると表情にも余裕が生まれるというお話も納

得でした。

今は少々辛いことでも進んで取り組んでいれば必ず将来へとつながることが分かり、

前向き になれました。

 

 ●人間とは人の間と書いて人間と言います。

つまり、人は人との関わりの中で生きているのです。

人とコミュニケーションをして生きているのです。

だから、会社や組織で辞める理由の最も大きな要因は人間関係だそうです。

本日の講義は、そんなコミュニケーションの話がお話の中核でした。

 広瀬さんは最初の第一声から、とても大きな声と溢れんばかりの笑顔で講義を始めま

したり。 その溢れるパワフルさは講義の最後まで続き、自分も元気を貰いました!

そんな講義の中でも、コミュニケーションは五感で行うということに1番共感しました。

どんなに話がしやすくて、面白くてもその人から変な臭いがしたり、だらしない洋服

であれ ば相手は不快を感じます。

そうすればどんな上手い話も伝わらないのです。

だから相手とコミュニケーションするときに意識することは話だけではなく、自分の

見た目 なども意識しなければならないということを学びました。

人はどんなに名誉や財産があっても人間関係が悪ければ幸せにはなれないそうです。

逆に人間関係が良ければ人は名誉や財産がなくても幸せになるそうです。

だからコミュニケーションが1番大事なのです。

広瀬さん、とてもためになる講義をありがとうございました!

●今回の講義で自分自身の幸せについて改めて考えることができました。

今までは職に就くことができてその収入でこれからの人生生きていけたら幸せだと

思っていましたが、よくよく考えてみると自分がこれまで生きてこれたのは自分自

身一人だけの力ではなく親や親戚など多くの人たちのおかげだということに気がつ

きました。

自分自身の幸せだけだなくもっと周りの幸せのことも考えることができるようにな

ろうと思 いました。

また、自分の望む人生に到達するためには自分のやりたいことだけではなくやりたく

ないと思ってもやらなくてはならないこともやらないといけないということも感じま

した。

確かにこれまでの人生でも自分のやりたいことだけではやってこれませんでした。

社会に出たらそういうことが多く出てくると思います。

ですから、これからはやりたくないと感じることでもそれが将来必ず役に立つと考え

ながら 取り組んでいこうと思います。

●廣瀬さんの講義は、すごくパワフルでユーモアもあるとても刺激的な講義でした。

特に印象に残った部分として、生きていくのに答えはないから、自分の知識と能力と

経験だ けが頼りである。というところです。

最初から答えを探したりするのではなく、失敗をたくさんして経験を積み上げ、よく

考えることが成長に繋がることを改めて確認することができました。

また、自分の人物像をできるだけ多く決めることも大切で、そこから自分の強みを作

っていくことの必要性を知ることができました。

仕事は人生を叶えるための手段であることを聞いて、すごく納得することができました。

なぜなら、自分の仕事がすべてではなく、そこで人間性を作ったり価値観や視野を広げ、

自分の描いた将来像に向かうため、仕事は自分が成長することの出来る場である。

ということを感じることが出来ました。

自分のやりたいことをしっかりと考え、出来ること、やらねばならないことをうまく調

節しながら、たくさんの知識・能力・経験を積み重ねて幸せになりたいです。

本日はお忙しい中私たちのために講義してくださりありがとうございました。

●私が講義の中で一番胸に響いた言葉は自分がどういう人になりたいのかという人物像を

持 ちなさいというお言葉でした。

常に自分が将来なりたい人物像とのギャップをイメージして、知識や知恵はもちろん人

脈や 趣味など自分磨きも怠らないようにしたいと思いました。

また、就活をする際に実際に現場の雰囲気を味わった方が良いというアドバイスや成果

を出すまであきらめてはいけないというメッセージは今後一生忘れないようにしたいと

思います。

実際に営業の仕事がどんな感じなのかも聞くことができ、何回断られても実績を出すま

ではあきらめずにいろいろ工夫などもなさったりしたというお話からは仕事の厳しさと

根性を学 ぶことが出来ました。

その営業の経験から、一歩外に出たらコミュニケーションは始まっているということを

常に意識し、ありがとうというのが習慣になっている廣瀬さんを目標に私も頑張りたい

です。

●今日の講義の講師は関西出身の方で、これまでの講師とはまた違った感じで面白い方

でし た。

時折、急に大声を出されるので顔には出しませんでしたが内心ビックリしたところもあ

りま した。

改めて、関西人のエネルギッシュには驚かされます。

廣瀬さんの講義全体を通して学び受けたことを一つの言葉に表すなら、「現実を直視し、

時間・空間・人間の中で己が生きていることを意識し、目標を決めたうえで論理的に思考

し 行動する生き方を目指すべし。」だと思います。

限りある人生の中を生きる私たちは、1秒たりとも無駄にしたくありません。

その為にも、己の能力を知らなければなりません。

そして、やるべきこと(任された仕事)を素早く徹底に考え抜いたうえでやらなければ

なり ません。

このことを通して、知識・能力・経験が身についていくのだと私は理解しました。

今日はお忙しい中、琉球大学に来て講義をして頂きありがとうございました。

もう一度、廣瀬さんの講義を思い返して自分がすべきことを考えてそれらを全力でやって

い きたいと思います。

●今回の講義では、就職について深く考えさせられることがたくさんありました。

例えば「離職率」。

沖縄では若者の離職率が他の都道府県に比べてかなり高いのですが、何故離職率が高いの

かを理論的に解説し、そして未来の就職した私たちがどうあるべきであるかを教えてくれ

たことがとても印象に残りました。

「離職率」について、廣瀬さんが仰っていた「やりたいことができないことが苦痛だから

若者は我慢できなくて辞める。

そうでなく、できないこともできるようにし、色々なことができるようにするべきだ。」

という言葉にとても胸を打たれました。

たしかにやりたくないことをやるのは正直楽しくはないけども、そこで意識を変えてみて

できることを増やしたらやりたいことが増えると考えたらどのような仕事でも楽しくナリ

スだ なと思いました。

そこで私は廣瀬さんが仰っていた「知識」や「経験」などを時間がある大学生のうちにで

きるだけ貯めといて将来の自分に生かすことができるよう精進しようと思いました。

●廣瀬さんの言葉はどれも深く響くもので,本来人間としては当たり前のことを言っている

のだ と思いました。

僕は就職はしませんが、すべて自己責任で動き、「やるか、やらないか、できるまでやる

のか やらないのか」ということを大切にしています。

結局行動しなければ変わりませんし、そもそも失敗なんて無いので、改善を繰り返してい

けば「思考」しれば、人間はどこまでもいけると考えています。

僕自身今現在セールスをしているので、廣瀬さんの言葉が本当に的を得ていると思いました。

また、「人間-ニンゲンではなくジンカン」人と人との間に生きている。

だからコミュニケーションは大切。という廣瀬さんの言葉のように、僕なりの軸と成る言葉

があったらいいなぁと感じました。

今、僕は大学3年生ですが就活をやるよりもセールスを勉強し、実践し、ものを売るというこ

とをしています。

セールスするときは「断られることを前提に行け」と仰っていましたが、僕はそう思いません。

お客様にとって最善のものを販売しているので、僕はお客様のために全部売るつもりで言って

 います。

今月から始めた営業もまだ2件しか契約をとっていませんがこれからも心に響いた廣瀬さんの

言葉を僕なりに解釈し上書きしながら、営業を頑張りたいと思いました。

本日は講義ありがとうございました。人間性をひたすら磨きます。

 

●廣瀬さんは元気があって少々圧倒されていました。

私は性格が根暗な要素が強く、元気を出したり、テンションを上げたりすると少々思考力が

落ちてしまうのでその振れ幅を小さくしていくことがこれからの課題だと感じました。

また、就職してからの環境に対するイメージも変わり、期待も不安も幾分か縮小されました。

今の日本の若者は教育の所為もあってか積極性が非常に低いと私も感じます。

精神的にも自立できていないのが今の状況だと思います。

また、同じように教育のお陰か失敗を恐るように、失敗の少ない人生を歩んだ人間が多く、

より消極的で安全な橋しか渡ろうとしないようです。

私としては、自分が弱いと受け入れることが必要に感じます。

弱いからこそミスはつきもの。 弱いからこそ事前に準備をしなければならない。

といった具合に必死日動けるようになると思 います。

以上から今後私はあらゆる環境で様々な役割を演じるスキルと弱さを元にした積極性に磨

きをかけることを課題として行動していこうと思います。

この度は視野を広げてくれるような話をして頂き、ありがとうございました。

 

●先生の元気はつらつとした感じ、営業に魂をかけて取り組んでいる感じが強烈なインパク

トとして伝わって来たので初めはびっくりしました。

気持ちのいいくらいの大きな笑顔とあいさつを講義中に何度もお手本として先生がやって

くださったので、僕も元気が出てきました。ありがとうございました。

また、先生が授業中で言っていた言葉が好きになりました。

「みんな平等なのは生と死と時間だけ」、「ラスト(死ぬとき)をどう過ごしたいかイメ

ージ して生きろ!」、「仕事をやめたいと思ったこともある。でも、やめてもどうすんね

ん!」、 「素直っていうのは『聞いたらやること』や!」、「僕は『笑顔が素敵です』っ

て言われたら うれしいもん」など、どの言葉もシンプルでわかりやすい言葉です。

先生の言っている言葉に囲まれていると、小さなことでくよくよしている自分が馬鹿らしく

な るくらいでした。

先生のおかげでまっすぐ素直な姿勢で仕事に励むことの大切さを学ぶことができた気がしま

す。 本当にありがとうございました。

●私は今回の講義の講師は今までの講師とは少し異なりとてもパワフルな方だと思いました。

そして、私も「将来あの人のように元気で、自分の人生に生きがいを持っているような人に

なりたい」と思いました。

今回の講義で印象に残ったことは2つあります。

1つめは「今できないことを後でできるようにすればよい」ということです。

私はいつも新しいことをするときに失敗したときのことばかり考えて、いつも新しいことに

挑戦することができませんでしたが、今回の講義を受講して私は成長できた気がしました。

なぜ なら今回の講義を受けた後に私は今までやりたっかたけど少し怖くてできなかった基地

内で働 くことを決めて、働くことになりました。

英語はうまく話せる自信はないけれど、失敗から学び経験を積み上げる行動学習して成長し

たいと思います。

2つめは「良い習慣を身に付ける」ということです。

これはお客さんに感動を与えるために絶対に必要だと言っていました。

なので私は今日から「ありがとう」など当たり前のあいさつをできるように習慣をつけたい

と思いました。

●先生の授業では、モチベーションを立って、それに意味付けて、関連つけることが多いほど

人が努力できると教えて頂きました。

皆年齢によって、目標が変わると思います。

それで、目標が変わるから、待ってもいいというわけではない。

その時、自分の能力を活かして、目標に向かっていく経験が一生の宝になると思います。

皆出身が違います。同じ地域の人でも、家族の構成、育ててきた環境が違います。

それに対しては、文句とか、不満とかは現実の差別をゆるめることができません。

自分の長所を探して、自分の弱点を把握してして、自分を知ってるうちで、他人との距離を

短 くするのが大事です。

皆社会で生きています。

勉強、就職または自営業、定年。

普通の社会生活の流れに囲まれています。

脱出できないうちには、うまく生きていける技術を身につける必要があると思います。

先生の授業を通して、自分がやるべきなことをいくつ知り、考え方も影響されて、それを活

かして、頑張ります。

●今回、講義を聞いて納得したことは、「就職のイメージは出来ない!与えられた仕事をこな

すだけ!」とおっしゃっていたことです。

私も自分に向いている仕事はなんだろうとよく考えるのですが、実際に働いたこともないので

うまく想像もできませんでした。

廣瀬さんがおっしゃっていた、将来の自分像を描いて、それを実現させるための一つが仕事な

のだから、その自分像にむけて頑張るだけ、と聞いて、とにかく職に就くことができたらがむ

しゃらに頑張ろうと思いました。

仕事をする期間は人生の大半ですが、うまく知識や能力、これまでの経験を活かしてできない

仕事にも諦めずにチャレンジしていく精神を持とうと思います。

また、廣瀬さんの販売業の話を聞きましたが、ちょっとやそっとじゃくじけない心が大切なの

だと実感しました。

私はすぐにあきらめてしまう癖があるのですが、何のために頑張っているのか、という目的を

失わず、最後まで粘り強く頑張れる人になりたいと思います。

●とても元気なおじさん!というのが第一印象です。 講義中に「周りを元気にする」とおっし

ゃられていたように、実際講義を聞き終わる頃には眠 気もなくなり、おもしろおかしく聞き入

っていました。

先日NTTの外回りの方が自宅に営業に来た方が、確かに明るく、知識もあり、丁寧・熱心だった

のですが、少し怪しいと思ってしまい、熱心に説明してくださって一度は契約しようと思った

のですが、思い悩んで契約せず、結局相手を少し不快にさせてしまった形で終わりました。

NTTとの契約証なども見せてもらったのですが、公開されている書式(配置など)が少し違った

り、契約しないと言うともらっておきたいと言ったにも関わらず渡されていた名刺や資料を全て

回収されてしまいました。

外回りの営業は(ほぼ全て)初対面で相手に信用され、契約を取り付けなければならないとて も

大変な仕事だと感じました。

少しでも疑われればすぐに望みがなくなってしまうので事前知 識など問われるものが多いと思い

ました。

また、店や事務所など「場所」というものの信頼性 というものは大きいと感じました。

 

●今日の廣瀬さんの講義、とてもパワフルで感動しました。

大きな声に、前向きな姿勢、愛嬌のある人柄。

廣瀬さんは、自分の憧れる人物像に近い人だなと感じました。

講義の中では論理的に考えることの大切さ、そして行動をおこすときにいつも邪魔するのが、

気持ちだということもよく分かりました。

また、どんな人にも共通する時間と空間、人はみな生まれて、死に向かって生きていく。

そしてそのあいだが人生であり、自分がどうなりたいのか具体的に考え、今何をすべきなのか

判断することが大事だとおっしゃっていたのが、ほんとにその通りだと共感しました。

今、日本の若者に足りないと言われているコミュニケーション能力についての話では、ほんと

にこれから少しずつでも鍛えていかなければならないと感じました。

廣瀬さんのバイトの頃の話や、自分が営業に向いていると気づくまでの過程など、どこで誰と

誰がつながっているかわからないので、出会いを大切にし、誰にでも良く振舞うといった姿勢

は、さすがだなと思いました。

今、私が掛け持ちでやっているバイトが両方とも営業の仕事なので、今日の廣瀬さんのお話は

とても参考になりました。ありがとうございました。

●すごくパワフルな講義に元気をもらえた気がします。

今日の講義では、普段は意識していなかったけれども、生きていくうえで基本となることを主

に学びました。

私にとって大きな収穫となったのは、その節々でおっしゃっていた言葉の数々です。 コミュニ

ケーションは大事だとかねてから言われていました。

しかし私は苦手意識からかどうコミュニケーションをとったらいいか分からず、逃げてしまっ

ていました。

そんな時、「苦手なら改善したらいい。今はそのレベルなだけだ。」という言葉 を聞き、なぜ

今までそんな単純なことに気が付かなかったのだろうと逃げていた自分が恥ずか しくなりました。

他にも、「考えなくてもできるいい習慣をつける。」という言葉には、こういうところから自

分が形成されていくのだろうなと、今、そのことに気がつき、これから意識していけることを

うれしく思いました。 今日の講義を聞くことで得られたものは、すごく大きかったと思います。

●今回、広瀬さんの講義を聞いて、社会ではどのような人物が求められるのか、社会で働く意 味

というのを教わりました。

私たちには人生という限られた中で時間を使い分けたり、できることを考えたりして、自分の人

物像を確立しなければなりません。

それを確立させるには社会に入ってでは遅く、今学生の内にしなければならないと思いました。

その人物像を作るにはそのための知識や能力、コミュニケーションが必要ということで、自分に

はその能力が備わっているのか自分が考える自分の人物像は何かと考えさせられました。

 

●私が今回の講義で一番頭に残っている言葉があり、それは「習慣は考える前に出る」という言葉

です。

これは、私生活でも、社会に出ても大事なことだと私は感じました。

考える前より先に行動ができることによってこなせる量も速さも変わって来ることによって仕 事

では効率性が向上し非常に物事が潤滑に進むと感じました。

広瀬さんの講義は非常に熱く、自分の奥に届き、いろいろなことを考えさせられました。

自分にできることは何か、そういったことを踏まえ社会に出ていきたいと思いました。

●今回の講義を聞いて、腑に落ちたことがたくさんありました。

改めてそうだったと気付かされることが多かったです。

何のためにそれをするのか、目的に立ち返ってそれを成し遂げるためには、どのように動くべ き

なのか、論理的に考えそれを実行に移すという極めてシンプルなことを、私は論理的ではない思

考法で考えすぎ、そして行動に移せないという悪循環に陥いりがちだったので、シンプル に論理

的に考えることを忘れないようしようと思いました。

そしてこの講演会で実際に広瀬さんに会ってお話を聞いて、廣瀬さんのパワフルさに魅了され ま

した。

●とても声が大きくてさらにズッシリとした安定感がありました。

私はどんなに大きな声を出そうとしても、あんなにパワフルで根性のある声は出ないと思います。

でも、気持ちが大事と、声一つでも全然違うと、廣瀬さんがおっしゃっているのを聞いて私も 気

持ちを大事にしようと思いました。

自分の理想の人物像をしっかり持ってそのような人間になるためには、どのように動くべきか、

論理的に考え、熱い気持ちを持って行動していこうと思いました。

廣瀬さん、ありがとうございました。

●廣瀬さんの講義を聞いて、就活をしている若い人たちは理想が高過ぎるのかなと感じました。

廣瀬さんの見解では、離職率が高い原因は勝手に仕事の想像をして、その想像と現実が離れて

いたからだと仰っていました。

仕事の質や、職場の雰囲気、仕事量の多さなどを勝手に想像して入社すれば、もちろん現実と

かけ離れるに決まっているのでその通りだなと思いました。

かと言って、想像しないで決めるというのもおかしい話なのでどうしたらいいのか、と考えな

がら廣瀬さんの講義を聞いていました。

けれど、その数十分後に「論理的に考えることが大事」ということを仰っていたので、論理的

に物事を考えることができれば自ずと大丈夫になっていくんだなと考えました。

たとえ理想とかけ離れていても、「もし今仕事を辞めたらどうなってしまうのか」や、「この

上司が嫌だからと辞めてしまったらどうなるか」ということを皆が考えれば、離職率などは下

がっていくんだろうなと思いました。

●今日の講義はとても良い経験になりました。ありがとうございました。

今回の講義では、特に論理的に考えるという点を強調していました。

僕の周りにとても論理的な考えを持っている人が何名かいるのですが、その人たちはみんな、

自分の考えを持っていて、論理的なのでおかしいと思う点はすぐに改善しようとする人だったな

と思いました。

論理的に考えている人の考え方を真似してみて、自分に必要だと思うところは吸収していこうと

思いました。

そして、僕たちが仕事で必要とされている点は、知識・能力・経験であり、それをどう使うかとい

う話は、今の僕は能力や経験を積んでいく必要があるなと思いました。

自分のなりたい人物像を考えろというお話がありましたが、僕もそれは、自分がどう生きたいか

決めるうえで一番重要だと思っていて、ほぼ毎日考えているのですが、だんだんとイメージ が

固まってきた気がします。

また、仕事をする時に、一生懸命生きている人と仕事をしたいとおっしゃっていて、なるほどな

と思いました。僕も、一生懸命考えている人と関係を築きたいと思いました。

●社会で働いていく上での心構えを学ぶことができた。

働くとは、自分の人生の大部分になることも分かった。

時間・空間・人間。空間で生きている。

その場その場に応じて立振る舞いを変えなければいけない。

私は、自分と同じ年代の目上の方と働く上で、どのようにコミュニケーションをとればよいの かが

あまり分からず悩んでいた。

アルバイトを通して、自分の能力不足な面が多々見つかり、それにひとつひとつ落ち込んでしまっ

ていた。

しかし、『落ち込む暇はない、それは無駄な時間だ。』この言葉が胸に響いた。

習慣とは、考える前に自然に出てしまうもの。

できないことも改善していけばよい、磨いてい けば変われる。

●人間は五感でコミュニケーションをしている。 特に会話をしていなくても、コミュニケーションは

始まっているのだ。

どういう人に見られたいのかを考え、立ち振る舞いを変えていく。

廣瀬さんは、私の質問にも丁寧に答えてくださって嬉しかった。

そして、実践的な答えが返ってきた。

『職場の人と仲を深めるには、共通点を見つけること。』 早速、今日から実践してみたい。

●先日は貴重なお話をありがとうございました。

廣瀬さんのパワフルさがみなぎる講義で元気を頂きました。

仕事に対するイメージを自ら創り出すことによって、それが仕事の阻害要素となる事を聴き

納得しました。

仕事に対する先入観を持たず、自分が今持っている知識・能力・経験で精一杯頑張る事が大事

であるという事も大変参考になりました。

その理由は、仕事に対する向き・不向きは自分が決めるのではなく、他人や上司による客観的

評価を通して分かる事なのだと気付いたからです。

目の前の仕事に注力しているうちに自ずと自分の適性が見えてくるのだと感じました。

「依頼された仕事はどんどん受けた方がよい」という言葉とリンクしました。

私の就活での経験を振り返りますと、人生における様々な経験が浅いのにも関わらず、経験則

をもとに自分の仕事に対する適性を判断する学生は多いように見受けられました。

よって、廣瀬さんのお話を多くの学生に知って頂きたいと感じました。

 

●最も印象強かった事は、自分の目標があれば目の前の事に振り回されなくなるという事です。

具体的なライフプランを考えるための良いお話でした。ありがとうございました。

私は今日の講義を受けて、仕事に対してどこかよいイメージだけを持とうとする自分に気づか

されました。

それは、『自分にしかできないことがある。

それを職とすれば将来は安泰だ!』といったもの でした。

そのような思いを持つようになった一つの理由としては、これまで私が受けてきた就職セミナ

 ーで行った適職診断や自己分析などを鵜呑みにしてきたことがあげられると思います。

例えば、私が高校生の頃ベネッセの職種診断を行ったとき、マスコミと適職が出たことがあり

ました。

そのときの私は『じゃあフジテレビかTBSに入りたい。私はしゃべることや人と接することに

はなれているから大丈夫だろう。』といったことを考えました。

しかしながらテレビ局の仕事は苛酷だということには私は目を向けようとしませんでした。

それだけでなくマスコミの中でもテレビ局の採用人数はとても少数で、とても厳しいという現

 状があります。

そのような状況を顧みず、その適正結果だけを鵜呑みにした想像だけが私の中で広がってしま

いました。

しかしその想像を今回の講義では取り除くことができました。

この講義では目の前のやるべきことをしっかりやり、できることを増やしいく中でやりたいこと

をできるのだと知りました。

今日知ったことをいかし大学生活をよりよい物にしていきます。

●廣瀬さんの力のこもった講義を受けて、まずやってみなくては、と思わされました。

失敗を恐れず、頭で論理的に考え、気持ちを自ら変えて、やらねばならないことはすぐ決断して

実行 することが大切なのだと思いました。

大切なことは、決めることだと言っていたのが印象深かったです。

自分のなりたい人物像を決めれば価値観や行動などもおのずと決まることや、コミュニケーシ ョ

ンが苦手と感じる人は意識してしゃべってみなければ変われない、会話だけでなく、五感で 感じ

るものすべてからコミュニケーションは始まっているということ、千客万来を実現するた めの精

神、理解するためには学習と行動をセットにしてすべしなど、自分では気付けなかった 部分で

ハッとしました。

学問の側面だけではなく、人間として大切なことを今回の講義で思い 出させてくれたと感じました。

人とのつながりや誠心誠意やってみること、明確な目標を立てて人生を充実させようと思いま した。

●今回の講義では、社会、仕事というより、人としてどういう風に成長したいのか、というヒ ン

トを得る事ができたと感じました。

また、講義中に共感する事も非常に多くありました。

特に印象に残っている事として、出来ない事をやらないのはダメ、出来ない事を出来るように

なる事が大事、という事を仰っていました。

本当にその通りだと共感したのと同時に、社会人 も学生と同じく学び続ける事は変わらないん

だな、とも感じました。

コミュニケーションについても講義では話していて、コミュニケーションは五感で行うという

事はもちろん、自分から積極的にコミュニケーションを図る事が大事、という事も仰っていて

全くその通りだなと思いました。

●400字では収まりきれない程内容の濃いものでした、が私は今日からすぐにそれを実行できる

のか、と言われると難しいと思います。

ができないから行動しないというのは間違っている、 という言葉を貰ったようにまずは可能な

範囲で行動を起こす事が大事だと思い、これから精進 して行こうと思います。

今回は90分間という時間でしたが、非常に多くの事を学ぶ事ができました。

ありがとうございました。

●ものすごく大きな声でエネルギッシュな方だなというのが第一印象でした。

今回は、他の講師陣とは講演の内容がどちらかというと現実的な感じがして、夢に向かって頑

張る。というよりも、社会に出たときにどのようなことが必要か、夢を叶えるにしてもなにが

重要か。と、原点に戻ることの大切さを学びました。

私は、大学卒業後はそのまま海外の大学院に進学することを考えており、周りの学生よりも社

会に出るのが遅れる予定です。

今回の講演を聞かなかったら、おそらく社会に出た際にはただプライドが高くて、先しか見な

いような人材になっていたのではないかと思いました。

廣瀬さんの企業内での新人教育の話や決断力の重要性についての話を通して、現実に目を向ける

向き合うというものが私には欠けており、このままでは社会に出ても何もできないままで 終わっ

てしまうと気づくことができました。

これからは夢ばかりを追い求めるだけではなく、現実をしっかりと受け止め、前に進めるよう 頑

張りたいと思います。

●とにかく先生がパワフルで、耳だけではなく体全体で講演を聴いていた感じがあり、精神的 にも

肉体的にも刺激になる講義であった。

講演の中で一番気にかかった言葉が「習慣は考える前に出てしまうので、気を付ける」という もの

だが、私にとってまさに図星である。

そのために一度他人の気分を害したことがあるので、社会に出て、いわゆる大人の社会関係を築い

ていくのならば本当に気を付けていかねばならないと思った。

また、将来の自分像を作るというアドバイスもとても納得できた。

自分とは何者なのか?という疑問は私もいまだに解決しない問題である。

その疑問を解決するためには他人とのかかわりが重要で、色々な人とかかわり、話し、価値観を学

べば自分とは何者なのかわかるだろうと思っていた。

しかしそれだけでは足りなかったと今回気づかされた。

将来の自分像を思い起こすことで、自分自身と対話し、自分のことがわかってくるのだろう。

私は、将来の自分像を確立するために、まず自分の好きなことを掘り起こしてみようと思う。

 

●今回先生の話を聞いて、将来の就職のことだけでなく、人間として将来の生き方を学べた。

将来、私が描いた自分像の通りになることができて、機会があったならばその時にまた先生に

お会いできたらよいなと思いました。今回は本当にありがとうございました。

●今日の講義はとてもパワフルであった。

学生の誰よりも廣瀬さんが一番元気があり、講義を楽しんでいたと思う。

内容は非常に新しく学ぶことが多かった。

最初のほうにおっしゃっていた「仕事とはやりなさいと言われたことをやるだけである」とい

うのを聞いて確かにその通りだなと思った。

今、アルバイトをしていて実際に働いて感じることだが、雇われている身としてこれは当たり

前のことだ、と思う。

社会に出たらこれが当たり前になるのだろう。 また、印象に残っている内容として、「習慣と

は考える前に出てしまう」という言葉がある。

この言葉を逆にとらえると習慣づかなければ自然と前には出てこないということである。

つまり、普段から今後の就職活動に向けて言葉づかいに気を付けたり、就職活動をするにあた

って困らないような習慣を身につけておきたい。

また講義の最後のほうで怒り方についての話があったがそれもとても興味深かった。

アルバイトでもなんでも長くやっていれば、後輩や新人スタッフができる。

その彼らに対する接し方(怒り方、注意の仕方)について知ることができてよかった。

その後輩、新人の人格を否定するのではなく、いつ、どのようなことがいけなかったのかとい

うように、細かく教えてあげることも必要なんだな、と感じた。 本日はありがとうございました。

●起業に関しての講義が続いており、今回も「起業の魅力」と評してありましたが、内容はそれ

とはまた違う、楽しく、ためになる講義でした。

仕事に対して、私が仕事をしているイメージがわかなかったのですが、それは当たり前のこと

らしく安心しました。

それと同時に、新社会人になったら頑張ろうとも思いました。

やらねばならないこと、やりたいこと、できることの3つの要素で、できることの要素を多くしま

す。

そのためには、頭では分かっていても、気持ちのせいで動くことのできないことに対し、ちょっと

ずつでも動けるように気持ち、意志を強くしようと考えます。

自分が苦手、嫌なことでも、チャンスと思い、挑戦することで強くなれそうです。

講義の最後の方で、学生の質問に答える時間がありましたが、そのとき自分は「どうか名指しされ

ませんように」と思ってしまいました。

こういうところから変えれるよう心を改め、日々成長を求める人間になります。

●今回の講義はとてもパワフルな講義で、当たり前のことをいっているけどとても心に響きました。

人物像を決める、目標をきめるとありましたが、私は他者から尊敬される人になる、という人 物像

を目標にしています。

そのためのプロセスでいかなるときでも笑顔でいること、何事にも全力で取り組むこと、常に 周り

に気配りをすること、どんな小さなことでも感謝の気持ちを表すこと、としています。

いかなる状況、というのをポイントにしていて、これからどんな困難があってもこれを崩さず に

やっていこうと思いました。

また、理解するためには体験が必要で、それには行動、学習が必要であり、それには量が必要 と知

ることが出来ました。

私は量をこなすタイプですが、それは間違っていないと思えて良かったです。

でも、今の私に はやっていく中で質の高さを見つけていくことが苦手だと気付きました。

だからそこを意識して、もっと自分を磨いていこうと思いました。

●今回の授業では、「目標がないからプロセスがわからない」という言葉が印象に残っています。

一見当たり前の事だと思ったのですが、目標がないから、今何をしていいのか分からず、結果 的に

遠回りをしているという話を聞いて、まさに今の自分そのものだと感じました。

私は、将来のことはその時に考えればいいだろうとか、なるようになるさという甘い考えを持っ て

いたので、早くから目標を立てて行動することがいかに大切か、この言葉で実感させられま した。

また、自分は一体どのような人なのかという内側の会話もあまりしていなので、将来どのような

人になりたくて、何をしたいのかについても曖昧なままになり、未来のビジョンが見えていない

のかなと思いました。

そして、廣瀬さんが仰っていたように、仕事は実際にやってみないとどれが自分に向いているか

分からないし、まだ仕事のやり方を分かっていない時点であきらめるのはもったいないと思った

ので、どのような仕事でも積極的にやってみて、まずは経験を増やしていきたいなと思いました。

最初は廣瀬さんの声の大きさに驚きましたが、その分印象に残り、楽しい授業だったので、 私に

とって貴重な体験になりました。 本日は講義をして頂き、ありがとうございました。

△トップへ戻る