バンド2

高校3年生の文化祭をきっかけに弾く羽目になったベース。

それで終わるかと思いきや、卒業記念も含めてバンドをやろうと言い出したんですね。

最初にバンドを文化祭でやろうと言い出した植田が。

当然、単独は無理なので、合同ライブに参加しようということになったんです。

もともと、フォークギターで、さだまさしさんとかイルカさんなどの、当時流行ってた

フォーク系の曲しか弾いたことはなく、洋曲はほとんど聞いたことがありませんでした。

ところが!ローリングストーンズをやると言い出したんですね。

「へっ!なに?そのローリングして落ちるやつ!」みたいなもんですわ。

思わず、関西弁も出てしまいました。おまけにボケも(^^)

それからというもの、家に帰ったら、曲を聴いて楽譜に書いて、また聞いて確かめて

弾いてみて確かめての日々が続きました。

そして、初めてのスタジオでの練習。

続きは、また後日

△トップへ戻る