3人に2人がタイヤの空気圧点検が不十分

JAF会員に送付されるジャフメイト6月号の記事で、

エコロジーを心がけるドライバーは約8割。

理由は「金銭的節約のため」が「環境・地球のため」若干上回った。

それでいて、約3分の2の人が月1回の点検を行っていないそうだ。

しかも、空気圧で燃費が変わる事も約8割の人が認知しているとのこと。

 

何故かと考えてみると、「面倒」「標準の空気圧を知らない」「エアポンプの使い方を知らない」などが挙げられる。

実は、私も点検していないほうに入ります。

もし、地球環境に配慮したり、節約したいと思う人がいたら、手軽にできる2つの方法をご紹介しますのでお試しください。

1.ソフトに発進する

2.平面駐車場に停めるようにする

最近は、燃費を表示してくれる車が増えていると思います。私の車も表示します。

飲んだ後に運転代行さんのお世話になりますが、必ずTRIPメーターをゼロに合わせます。

燃費を確認すると12km/L~15km/Lになってます。

私が運転すると、25km/L~27km/Lくらいです。違いは、ソフトスタートです。

有料道路などで、追い越す時もアクセルは踏み込みません。

2番目の平面駐車場に停めるというのは、上り坂が強烈に燃費をくうということです。

ショッピングセンターさんなどの、3階4階の駐車場へ上る時の燃費の悪いこと。

真夏には適さないかもしれませんが、やりやすい方法を見つけてみてはいかがでしょうか?

結局は、化石資源の消費抑制になり、排気ガスが減り、家計にも優しいんですから。

△トップへ戻る