10月28日オキラジ「こうちゃんの行雲流水」第6回

本日オキラジで「こうちゃんの行雲流水」第6回の放送を行いました。

 

この番組は、こうちゃんことPowerful Management代表の廣瀬孝一がお届けしております。

 

今日は、「後輩からどのような先輩に見られたいか」「新人に対する課題の与え方」「課題の作り方」といったお話をさせていただきました。

 

「後輩からどのように見られているか」を受け入れるのではなく、「後輩からどのような先輩に見られたいか」ということを決めてはいかがでしょうか?

例えば、「頼りになる先輩」や「親しみを感じる先輩」などです。

そして、それを決めたあとは、様々なシーンを想定してどのような振る舞いをすればあなたの願う見られたい自分になるのかを考えます。

あとは、演じるだけです。

ラジオではお伝えしていませんが、もうひとつの方法は、「あこがれの人を決める」です。

そして、その憧れの人だったらそれぞれのシーンに応じてどのような振る舞いをするかを考えるとラクです。

 

新人を指導する際には「は・た・ら・く」で伝えると覚えやすいです。

「早く、楽しく、ラクに、工夫して」です。

 

そして、課題の見つけ方は3つご紹介しました。

見つける・・・現状の課題

観つける・・・意図的に探す

察つける・・・意図的に課題を創出する

 

詳しくは、録画でご確認ください。

http://okiraji.ti-da.net/e5492829.html

 

また、動画の中で、チラリとご覧頂いているのが、上記の課題の見つけ方に関するシートです。

番組にメッセージをいただいた皆様にお届けいたします。

△トップへ戻る