「また、会いたいと思われる人になる」

NLPスキルを使ったコミュニケーションセミナーを通じて学んだことは、

一言でいうと、相手に気持ち良くお話しいただくことでしょうか。

そんな対話の空間を作ることができれば、なんとなく、気さくに話せる人かなと、思っていただけるはず。

その為には、五感を総動員して相手の状態を観察する。

急に、顔つきが変わった。声のトーンが変わった。一瞬眉が上がった。目線が変わった。などなど。

そして、うなづきや今聞いたことのオウム返し、「いいですね~」「凄いですね~」など共感する。

ヒトは、自分自身の価値観の中で判断します。

その価値観の中で、自分にないものや自分を大幅に超えるものを垣間見た時に、凄いな~と思うのではないでしょうか?

他人の価値観までは分かりませんから、まずは、万人受けするものを磨くとよいと思います。

“笑顔”  “元気”  “姿勢”  “しぐさ”  “服装”  “ポジティブ思考” などがそれです。

そして、得意なものを極上に仕上げるだけでも、「また、会いたい」と思ってくれる。

更に、人は「自分を元気にさせてくれる」「楽しくなる」「勇気づけてくれる」などの良い影響を

与えてくれる人なら、「是非会いたい」となるのではないでしょうか?

そんなことを意識し続けて実行していれば、他人から好かれる人になる可能性がぐ~んと上がります。

そうなりたいですね。

△トップへ戻る