沖縄で中小企業を対象にした人事評価セミナーを開催いたします。

%e4%b8%ad%e5%b0%8f%e4%bc%81%e6%a5%ad%e4%ba%ba%e4%ba%8b%e6%b2%96%e7%b8%84

 

 

 

 

 

企業として望む方向に沿って、従業員が成果目標を達成するための行動促進を願う経営者様

 

なぜ、人事評価制度が業績向上につながるのか?

人事評価制度が業績向上につながるかつながらないかの理由はいくつかあります。

まず、制度そのものが大きく関係します。

次に、運用の質です。

三つめが、制度の形骸化です。

 

結果を出すにはプロセスが必要です。つまり、結果を出すための原因作り=「どんな行動を起こしたか」が、制度の中に組み込まれているかどうかです。

目標設定は、評価者と被評価者が目標設定面談を経て最終決定します。そして、評価者の役割は、被評価者の目標達成支援のスタンスで運用します。

成果目標を達成するための日常の取り組みにスポットを当てます。したがって、「目標設定期限を守らない」「人事評価制度の運用そのものが目的になっている」などが挙げられます。

 

人事評価制度そのものの管理は難しいものだと勘違いしてはいらっしゃいませんか?

極論を申し上げますと、クラウド管理なのでファイル管理や専任担当者は不要です。

 

中小だからこそ必要な制度です。

実際に運用を始めている被評価者が17名の経営幹部は言います。

「この制度は、自分たちの行動の質を高めるのに必要な制度です」

「国策への対応、業績アップ、従業員のモチベーションアップ、採用力や人財定着に必要な制度です」

その企業様は、本来被評価者対象外の二次評価者様もお互いに評価しあうなどの取り組みを行っています。

 

ご案内する人事評価制度は、事前のヒアリングや制度設計、運用のための制度構築、制度スタート後の運用サポートまでを一気通貫でご提供しております。

 

まずは、「なぜ人事評価制度が必要なのか?」「どんな人事評価制度なのか」をお聴きください。

10月14日(金)午後3時より、沖縄県立博物館・美術館 講座室にて、開催いたします。

無料のセミナーにご参加いただくのに大げさな決断は必要ありません。

 

詳細とお申込みは、下記リンクにあるチラシをご確認ください。

尚、定員40名様のセミナーです。資料の準備もございますので、10月8日(土)までにFAXにてお申し込みください。

 

161014中小企業人事美術館

 

 

主催:あしたの人事コンサルタント 廣瀬孝一

「小さな一流会社づくり」を使命とする Powerful Management 代表

△トップへ戻る