サービス内容

■提供メニューの一例

 

「人事評価制度」導入・運用サポート  ◎全社コミュニケーション研修   ◎全社マインド研修

 

営業トレーニング《販売の科学》   ◎従業員まるごとコーチング   ◎個人コーチング

 

◎個人向けオープンセミナー/講演

 

 

今、企業内では様々な不具合が起こり、管理者のみならず従業員に至るまで

何らかのストレスを感じている皆さんが少なくありません。

独立行政法人  労働政策研究・研修機構の若年層に対する離職理由の調査結果があります。

risyokuriyuu

「仕事上のストレスが大きい」という理由は、求職者が1位に対し、現正社員は4位など、就職している人と求職者の比率に違いが見て取れます。

ストレス耐性がある人が再就職できている。

また、将来の安定性確保、仕事上のストレスからの脱却等が離職理由の上位に挙げられる。

逆に読み取ると、給与に満足でき、会社の将来性も期待できる。そして、ライフワークバランスが取れ、仕事上のストレスを感じることなく、良好な人間関係の中で、仕事をしたいというニーズがあることが分かります。

そんな職場はなかなか無いと、言いたくなるかもしれません。

私は常々こう考えます。

「その職場に留まる」理由は、大きく4つ。

1.社長が好き

2.会社(仕事内容や賃金、経営理念など)が好き

3.成長できる

4.ラクである(辞めても再就職が・・・)

成長志向が強い人が、社長/会社に対して、好きでも嫌いでも無ければ、より成長の場を求めて辞める可能性があります。

社長/会社に対して、好きでも嫌いでもなく、成長志向も乏しい人は留まります。

会社に対して少々不満があっても、社長が好きな人は社長の為に頑張ります。

社長は好きでも嫌いでもないが、会社が好きなら留まる可能性があります。

「従業員が可愛い」という経営者は沢山います。

では、その可愛い従業員に、何を与えているのでしょうか?

社長自身を好きになってもらえる仕掛けはありますか?

会社を好きになってもらえる仕掛けはありますか?

成長する機会を与えていますか?

人財育成は、コストに加えて時間/手間がかかり、効果が見えにくいかもしれません。

その代り、成長され言動が変われば、確実に定着率が上がり、社員が社員を育て、業績は必ず上がると確信しております。

そんな人財育成をお引き受け致します!

 

■企業向け基本スタンス

●企業様毎にカスタマイズ致します。

・1回あたりの研修実施時間や実施回数

・研修対象や内容

・確認会議のタイミングなど

●PDCAを基本とします。聴いて終わりでは何の変化も期待できません。

意識変革に行動革新が伴って初めて、業績向上に寄与できます。

P 研修+行動申告 ⇒ D 行動 ⇒ C 行動結果確認 ⇒ A 修正行動申告

●スポット的なセミナー/講演も対応可

△トップへ戻る