従業員が育つ人事評価制度を導入・サポート

「仕組みで人を動かす」 「仕組みで人が育つ」 「仕組みで業績が向上する」

そんな都合のいい制度が「人事評価制度」です。

但し、いくつか押さえるべき点があります。

 

制度そのもの

「従業員に対して、経営者が望むことをメッセージとして反映できる」

「行動の振り返りがあり、記録として残る」

「成果目標を達成するための具体的行動目標を設定する仕組みがある」

「振り返り内容が言葉で記され、期をさかのぼって閲覧できる」

 

運用ルール

「目標設定面談がある」

「中間面談がある」

「評価面談がある」

「運用項目ごとに期限が明確になっている」

 

共通認識

「自分自身の課題(目標)に取り組む制度であるという認識」

「評価者は被評価者の達成支援を行うという認識」

「人に焦点を当てるのではなくコトに焦点を当てるという認識」

「頑張り度合いに応じてどれくらい評価されるかという基準」

「人事評価制度に取り組む目的とメリット」

 

人事評価制度に取り組むメリット=目的/効果

「労働生産性向上」

・成果目標の達成プロセスである行動目標が明らかになる

・達成のプロセス設定能力が鍛えられる

・行動目標を自ら設定することで、達成意欲が向上する

・PDCAの習慣が身につく

・やったことが認められモチベーションアップ

・目標達成の確率向上

・行動革新が加速

「管理職の養成」

・部下の行動に注目するようになる

・指導力が向上

・行動目標設定の精度が向上

・タイムマネジメント力向上

・部下養成の意識向上と責任感向上

「離職率低減」

・定期的な面談により部下の精神的な支え

・何をどれくらい頑張れば処遇が良くなるかが分かり、未来設計が組み立てやすい

・より成果につながる日常行動の実践で、達成感が向上

「採用力向上」

・制度運用による安心感

・エントリーする人の質が向上

「モンスター社員への対応力向上」

・適正な制度運用を通じて進むべき方向へ

・処遇に関する訴訟対策

 

 

安心の人事評価制度及びコンサルの特長

1.クラウド管理…EXCELや紙で管理することの手間軽減により、兼任担当者で運用可

2.全国700社以上の導入実績…導入済みの人事評価制度が機能せず、制度リニューアルで乗り換えも

3.短期集中構築で大手経営コンサルタント会社よりも安価で導入

4.一般的に、契約から制度運用までの目安期間は3か月(人数により異なります)

5.推奨の評価期間は3か月…年間4回のPDCAで成長も倍速

6.賃金テーブルの整備も並行で行い、人事評価制度と連動させます

8.運用後は毎月1回の定期訪問を行い、運用時に陥りがちなマイナス要素を排除(契約時にサポート期間決定)

9.制度運用前には、自社に合わせた目標設定や評価尺度の決定をお手伝い

10.組織診断、目標設定研修やコンピテンシー(仕事ができる人の行動特性)研修などのオプションも準備

 

人事評価制度導入前の打ち合わせから運用サポートまで、一気通貫でサポートいたします。

私は、30年間の会社員生活で、組合員18年、管理職12年を経験しており、転勤も含めて様々な人材との関わりが豊富にあります。

人事評価制度も最大限効果を発揮させるのは、運用する人の意識と運用の質に委ねられます。

もし、賃金テーブルや評価基準がない状況の企業様は、遠慮なくお問い合わせください。

あしたの人事コンサルタント 廣瀬孝一

メール:hiro@salestrainer.jp

△トップへ戻る